面接を辞退しなきゃいけない時の伝え方

就活をする時は複数の企業に同時に申し込み並行していくつもの企業の採用試験を受けるので面接の日にちが被ってしまうことも多々あると思います。

次回面接のスケジュールを入れた後で、今受けている企業の採用が決まり、面接に行く必要がなくなることもあります。複数の企業に対して応募をしていた場合、そのうちの一つで採用が決まれば、その他の企業は辞退することになります。既に次の面接の期日が決定している時に、辞退の連絡をしなければいけない時は、どうすれば失礼にならないでしょう。面接辞退ということが起きたら、状況が判明し次第、急ぎで連絡をするといいでしょう。連絡を先延ばしにして、ぎりぎりまで何も言わないという態度はよくありません。

前日や当日のキャンセルは問題です。一切連絡なしで、面接の会場にも行かなかったというパターンもありますが、相手のことを考えればするべきではありません。他社への採用が決まったという人は、可能な限り早いうちに連絡をするようにしましょう。面接の辞退をするときは、電話でも、メールでも構わないとされていますが、丁寧な断り方をしたい場合は、メールでの連絡をした後で、改めて連絡をすることで、相手の心象がそれほど悪くなりません。

転職先の会社が、業種が同じだったり、いつか何らかのつながりができてくるだろうと思っているなら、丁寧な態度で接することは意味があることです。辞退の連絡を入れた時に、事情を尋ねられることがありますが、後ろ暗い理由ではないので正直に話しましょう。事実をそのまま話してしまっても、本人に落ち度はありませんので、聞かれたままに回答するようにしましょう。
いびきの改善方法はここでチェック